Bトレ/車両ケース考察 の変更点


Bトレ用としていろいろなケースを試してきた記録みたいなもの。

 このページでは各商品について、特に区別する必要が無い限り商品番号で記載しています(複数ある場合は原則的に色違い)。商品の詳細はメーカー・商品番号をGoogleなどで検索するなどしてご確認ください。
 このページでは各商品について、特に区別する必要が無い限り商品番号で記載しています(複数ある場合は原則的に色違い)。商品の詳細はメーカー・商品番号をGoogleで検索するなどしてご確認ください。

 このページ内で使用しているケースには、表紙の裏に緩衝材を足す・ウレタンを切るなどの加工を行っているものが含まれます。実際の商品については購入前にじゅうぶんお確かめください。

* Bトレのケース事情
Bトレインショーティの多くの車両は長さがおよそ6cmで、幅・高さは縮尺通りです((当然ながら連接車両・流線型車両をはじめとした多数の例外があります。))。そのため、長さが近い貨車用のものを流用してそのまま使う方法もあり、バンダイが公式に案内している20両用のウレタンとスペアケースを買うよりも手っ取り早く、安くこしらえることもできます。

最近では鉄道車両用ケースなどを取り扱うCASCO((株式会社四八。プラスチック製品を扱う企業で、どういうわけか最近鉄道車両用ケース部門に熱が入ってる。))がBトレ・Nスケール車の両方に対応する製品を多数取り扱うようになり、しばらく前まで収納に悩んでいたBトレ車両も選択肢が大きく広がっています。

* ケースの種類
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_SizeComparison.png, 0, left);
左の画像が、Bトレ用車両ケースとして有力な3サイズの比較となります。
- 後ろ:一般的な大きさのケース。大体5両以上であればこのケースに入った状態で販売されています。ケース単品だけでも様々な製品が販売されています。
- 手前:ミニケースなどと呼ばれている、一回り小さいサイズのケース。3両など短い編成であればこのサイズのケースで販売されていることも多々有りです。
- KATOクリアケース(手前の上):KATOの貨車単品販売などで使用されているケースで、サイズ上ではNスケール車両1両に相当します。立場が特殊な車両ケースですので、あとで詳しく説明します。

車両ケースは収納や持ち運び、収納可能両数など多様な要素を持っているので、いろいろな種類を試してみることをおすすめします。

#clear();
** 注意点
Nスケール車両用のケースなら何でも使えるわけではありません。たとえばKATOの3両用車両ケースの場合、Nスケール車両の床下機器周辺のウレタンが突出しているので、ここにBトレ2両を詰め込む、といったことは避けるべきです(ケース、車両の双方に破損が生じる可能性があります)。通常は車両の接地面が平らになっているウレタン・ケースを使用します。

* ミニサイズ系
KATOの4両用などに近いサイズ。コンパクトなので収納・持ち運びが容易で、ケース1つで最大12~14両程度まで格納可能。

** キャスコ YP-603 / YP-604(ウレタン単品: YP-103 / YP-104)
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_7cars-case.png, 0, right);
Nスケール車両7両用。Bトレ車両にも対応できるように設計されていて、格納可能数は最大14両。

格納可能数が多い一方で上下の区切りが薄いため、パンタグラフ付き車両や動力車などの重い車両を収納するとウレタンが重さに負けて歪みやすいデメリットがある。

こちらでは主に京阪神緩行線車両(7両編成)に使用中。

#clear();
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_7cars-case_zoom.png, 0, right);
先述の通り、動力車(下から2・3番目)の重さやパンタグラフ(一番下のものが若干大きい)によってはこの通り、はっきりと歪みます。ただ、これがあるからこの車両が入る……という場合もあるので考え様。

#clear();
** キャスコ YP-601 / YP-602(ウレタン単品: YP-101 / YP-102)
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_6cars-case.png, 0, right);
Nスケール車両6両用。Bトレ車両にも対応できるように設計されていて、格納可能数は最大12両。

区切りの厚さは確保されているので歪みは生じにくいが、その一方で格納時にBトレのデフォルメパンタグラフが支障して収納できない場合がある(他のものに換装する、ウレタンをカットするなどして対応)。

こちらでは京阪800系(4両2本・スペーサー加工・未使用区画有り)などに使用。

#clear();
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_6cars-case_zoom.png, 0, right);
交流パンタグラフや前頭部が支障する例。ウレタンの加工はカッターナイフやデザインナイフで少しずつ慎重に。ケガや切りすぎに要注意……。

#clear();
* 一般サイズ系
KATO・TOMIXなど、Nスケールの多くの製品と同じクラス。製品のバリエーションが豊富。

** キャスコ YP-537 / YP-538(ウレタン単品: YP-033 / YP-034)
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_10cars-case.png, 0, right);

Nスケール車両10両用。Bトレ車両にも対応できるように設計されていて、格納可能数は最大20両。車両を水平にして収納・運搬するにはケースの背面を上にする必要がある。

Nスケール車の車両中央部にあたる突出部以外のウレタン・スペーサーを外すと格納可能な空間ができる。

こちらでは近郊型電車各種(113系・115系・117系ほか)などで試験採用中。縦の支えが中央の一ヶ所のみのため、重さによる歪みが発生しやすいことに留意する必要あり(画像の通り)。

#clear();
** キャスコ YP-805 / YP-806(「12両用車両ケースB」、ウレタン単品:YP-039)
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_12cars-case.png, 0, right);

Nスケール車両10両用。Bトレ車両にも対応できるように設計されていて、格納可能数は最大24両。車両を水平にして収納・運搬するにはケースの背面を上にする必要がある。

Nスケール車の車両中央部にあたる突出部以外のウレタン・スペーサーを外すと格納可能な空間ができる。

こちらではカットしたウレタンで3両分にフタをして、京阪神緩行線車両を収納していますが、ご覧のとおり尋常じゃない歪み方をしています……。普通のケースと同じように立てる、あるいは倒して重ねて置くなどであればこうは歪まないはず…。もちろん京阪神緩行線・大阪環状線の7・8両フル編成が3本、新快速の12両フル編成が2本入るこの収納力は最高の魅力です。

- 同社の他製品とケース内寸・ウレタン寸法が異なり互換性がないことには要注意。購入時は商品の注意書きを確認すること。

#clear();
** キャスコ YP-519 / YP-520(「貨車用車両ケースE」、ウレタン単品:YP-019 / YP-020)
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_18cars-case.png, 0, right);
Nスケールのトキ・トラなどの貨車車両を18両収納可能。

ケースメーカーからBトレ車両に対応する旨の案内が(若干遠回しに)されており、製品出荷案内などに画像が載っていたり[[(参考)>http://casco.blog.so-net.ne.jp/archive/201405-1]]。Bトレも貨車類と変わらず18両収納可能。

20m級の通勤電車などを格納することを一切考慮していないため、左右を仕切る区切りが固定されているのがこのタイプの特長で、相当なことがない限り大きく歪んだりしないのではと思います。

#clear();
** マイクロエース B-1181(2軸ロング車 18両用)
#ccimg(2015-11-12_TrainCase/MA_18cars-case.png, 0, right);
Nスケールのワム80000系列((貨車。通称ワムハチ))などに使用できるケースで、青いウレタンが特徴。

車両格納部にスペーサーはなく、ウレタンを外した部分にそのまま収納する。収納スペースは18両分。左右の仕切りは固定式で、こちらも通勤電車と共通設計の製品より歪みにくいです。キャスコ製品よりもウレタンは若干固めです。

先述のキャスコの貨車用製品との違いは、キャスコ製品で車両のスペーサーが入る部分に、縦長のパーツ収納スペースがあること(2ヶ所)。外寸サイズはあまり変わらないので好みで選んで問題ないと思います。

#clear();
* 1両用
Bトレ2両が限界なので、多数の車両を持ち運ぶにはいろいろと面倒ですが、使い方によっては思わぬ強さを発揮します。

#ccimg(2015-11-12_TrainCase/CASCO_1car-case.png, 0, right);
** キャスコ YP-091 / YP-092(画像下)
簡易吊り下げパッケージで販売されている、Nスケール車を1両保管できるケース。Bトレの場合は2両収納可能。

外装であるプラ箱をそのままケースとして使うため、車両の出し入れなどは面倒ですが((外装の端のフタを双方とも空けて、片側から指で押し出すのが筆者的には一番楽))、出し入れの頻度が少ない車両を収納するには十分。

** KATOクリアケースとキャスコ YP-091 / YP-092の組み合わせ(画像上)
上記の1両用簡易ケースのウレタンを、KATOの1両用クリアケースに詰めて使う方法。そもそもキャスコのウレタンがこのケースに合わせて作られているので、組み合わせてはじめて真価を発揮すると言っても過言ではありません。

積み重ねても崩れにくく、クリアケースだから開かずとも中が見える、これ自体を収納する車両ケースまである((KATO 10-213。クリアケース7つまで収納可。))など、特長は数えきれません。

クリアケースの入手方法ですが、鉄道模型店の中古商品を探すのが一番安上がりです(傷が多いものは50円程度で並んでいることもあります)。新品を入手するのであればKATO 28-189(5個入)があります。

#clear();
このページへのリンクはありません。
トラックバック機能は現在利用できません。