Bトレ/JR西日本_201系

京阪神緩行線の老朽車を置き換えるため、103系にかわって投入された青い通勤電車。103系や後続で投入された205系・207系とともに、緩行線の主力を務めた。現在は編成を組み換えて塗装変更の上、大阪環状線区・大和路線・おおさか東線などで運用されている。

実車に関して

4扉・ロングシートの通勤型電車。103系の置き換えとして、1983年春から運用開始。回生ブレーキの実装などによる省電力化や冷房車増備によるサービス改善など、多数の欲求を満たしており、最大時で32本(224両)まで増備された。103系と見比べれば一目瞭然のブラックフェイスが目印で、国鉄形式の103系・205系、民営化後の新顔207系、緩行線運用末期には321系とともに、緩行線運用を務めた。321系投入による置き換えで、2007年春までに京阪神緩行線の運用から順次離脱し、森ノ宮・奈良に転属。現在は昔と同じように103系と共に運用に就いている。あれ?

2003年ごろから転属までに順次体質改善工事が施行され、移籍後はラッピング車も含めて、各線区とも割とルーズな車両運用で運転中。

所有車両・編成

号車番号12345678
京阪神緩行線加古川…西明石…大阪…京都…草津
Tc'M'MTM'MTc
AC1編成AC11AC12AC13AC14AC15AC16AC17体質改善車 スカイブルー
2014-11-04 登録
保留車AC44未更新車 スカイブルー
2014-12-25 登録
大阪環状線天王寺…西九条…大阪…京橋…天王寺
JRゆめ咲線桜島…西九条…大阪…京橋…天王寺…
Tc'M'MTTM'MTc
AC2編成AC21AC22AC23----AC28体質改善車 オレンジ
編成未完成
************体質改善車 スカイブルー
環状線用差し替え車 未組み立て
大和路線加茂…奈良…天王寺・新今宮…JR難波(環)西九条…
おおさか東線奈良…久宝寺…放出…(片)京橋
Tc'M'MM'MTc
****************--****体質改善車 ウグイス
未組み立て

AC1編成 +

スカイブルー・京阪神緩行線仕様で、手元にある201系の基本編成。トレインボックス扱い製品はだいたい定価でしか出回らない上、発売から1年くらい経たないと市場に下りてこないので、公式通販に頼ることになるという……。

調達元:
  • 201系体質改善車・スカイブルー(2014年・トレインボックス扱) x5(先頭車x2, 中間車x5. 先頭車x3は余剰)
Nゲージ走行化装備:
  • バンダイ 走行台車T改(2014年)-改 x2:スカートに干渉しないようカプラーポケットを加工、先頭車運転台寄り
  • バンダイ 走行台車T改(2014年):上記および動力車を除く全車
  • バンダイ 動力ユニット3(2011年)
グレードアップ:
  • パンタグラフ:グリーンマックス[5812] PS16W
  • カプラー:TOMIX[0381] 密連形TNカプラー(Sカプラー対応・黒)
ステッカー:
  • 前面方向幕:付属ステッカー 「28A 西明石」

AC2編成 +

オレンジバーミリオン・大阪環状線仕様で、先頭車はディスプレイ状態。スカイブルー編成の中間差し替え等などに使用。再販する度に値段が上がる恐怖、そしてフル編成になる日が来るかすら怪しいこの。

調達元:
  • 201系体質改善車・大阪環状線(2012年・トレインボックス扱) x2:先頭車x2、中間車x2。増車検討
Nゲージ走行化装備:
中間車のみ走行化。
  • バンダイ 走行台車T(2010年):中間車全車
グレードアップ:
  • パンタグラフ:グリーンマックス[5812] PS16W
  • カプラー:TOMIX[0381] 密連形TNカプラー(Sカプラー対応・黒)
ステッカー:
  • 前面方向幕:「201系体質改善車・スカイブルー」に付属のステッカー 「35M 大阪環状線」(字幕式)

AC3編成 +

ウグイス・大和路線方面仕様、未組立。

調達元:
  • 201系体質改善車・大和路線(2013年・トレインボックス扱) x2:先頭車x2、中間車x2。

差替え用(スカイブルー・未更新車) +

スカイブルーのサハ1両のみ所有(中古購入・AC44)。こいつもスカイブルーへの差し込み・差し替え用。

調達元:
  • 中古購入(出自不明)。
Nゲージ走行化装備:
  • バンダイ 走行台車T改(2014年)
グレードアップ:
  • カプラー:TOMIX[0381] 密連形TNカプラー(Sカプラー対応・黒)

差替え用(スカイブルー・体質改善車) +

スカイブルーの先頭車ペア(Tc + Tc')で、前面方向幕が大阪環状線仕様。やっぱり緩行線車の差し替え用。未組立。

調達元:
  • 201系体質改善車・スカイブルー(2014年・トレインボックス扱) x2:先頭車x2。

製品について

西日本スペシャル#3で初登場した3種の改良品に相当する(くつづり・窓枠に銀色の塗装が追加されている、フレームの変更など)。製品の出来は概ね良い。

  • 前面の表示・前照灯は屋根へのステッカー貼り付け。屋根は成型色むき出しなので貼らないと逆に違和感。
    • ステッカーの幅が貼付け面より広いが、その部分は折り曲げて貼ったり切り落としたりしないほうがいいと思うところ。
    • 中央に貼ろうとすると意外と苦労する、若干厄介なやつ。
  • ガラス取り付け時、側面パーツの凸部がけずれてガラスと側面の間にはさまり、隙間ができる場合がある。パーツを一旦外して、潰れた部分をナイフで切り落とすと改善される。
  • ガラスパーツの前面固定用の凸部は、前面の穴の深さより長いため、ここでも隙間が出来る場合がある。場所が場所だけに、凸部をいくらか切り落として現物確認、と慎重に。
  • 台車レリーフについてはM車・T車の区別はない様子。

発売日・価格

いずれも事業者限定品扱い。リストには手元に箱がある製品のみ記載。

商品名公称発売日*1価格備考
大阪環状線
201系体質改善車
2012年10月6日税抜定価1200円
(発売時税込[5%]:1260円)
「くまモン」
ラッピングステッカー付属
環状線50周年HMも付属
再生産あり(2014年)
201系体質改善車
大和路線
2013年10月11日税抜定価1200円
(発売時税込[5%]:1260円)
おおさか東線5周年HM付属
201系体質改善車
スカイブルー
2014年8月13日税抜定価1400円
(発売時税込[8%]:1512円)
大阪環状線用ステッカーも付属
(幕・LED)

入手方法

いわゆる「事業者限定品」の分類になり、JR西の主な駅売店や通販サイト(トレインボックス)、車両基地公開などでの出店などから購入するのが一般的な入手方法になる。発売から期間をおいてドバシなどの店舗に並ぶ場合もあるが、そういった保証はなく、逆にこうなった頃にはトレインボックスで買えなくなっていることもままあるので油断してはならない*2

留意点

  • 2012年発売の大阪環状線車は、JRロゴの塗装・印字・シールなどがない(パッケージと相違する)。
  • LED方向幕は2015年春に路線記号が導入され、ロムが差し替わっている。

*1 トレインボックスでの案内。店舗・地域によって入荷日が異なる点を留意すること。
*2 散財にならないか十分検討することは必要ではあるが